【千葉レース】ドリーマーズ上位独占!

5月28日に東京ドイツ村にて開催されたスパルタンレース2022第2戦にドリーマーズの5選手がエリート枠で出場

男子2位の三上拓也・女子2位の陣在ほのかを筆頭に、高橋海輝が男子4位、新井紳吾が男子5位、前田剛志が男子6位と全選手が上位にランクインした

また三上にとってこれが初の表彰台となり、記念すべき初タイトルとなった

 

【男子レーステキスト速報】

レースは前半からスパルタンレースのスピードスター浅見が一人抜け出し、その後に上位陣が縦長に食らいつく展開

2キロ過ぎ最初の握力系種目「ツイスター」で上位メンバーがふるいにかけられ、4㎞過ぎには千葉レースの名物「ミカン畑」のトレイルを迎える

浅見の後ろには、2位でスパルタンレースのレジェンド関吉、4位でドリーマーズ最若手の高橋が続き、後ろから新井、三上、前田、他にも前年の沖縄レース2位のレンジャー鶴田、同じく沖縄3位の境野らが食らいつく

 

その後2キロにわたるトレイル・平地ゾーンを抜けた7km付近、ここからの1キロの間に上位陣に変動が起こる

高橋が得意の有刺鉄線で3位に浮上し、ロープクライム・ヘラクレスホイストなど握力系種目に到着

しかし30度近い気温によって熱を持ったオブスタの影響で高橋が手の皮を負傷、その隙に三上が3位に浮上

 

その後スピアスローも成功させ勢いに乗る三上はレース最終盤で関吉をとらえ2位に浮上し、見事初の2位を獲得した

(1位浅見 2位三上 3位関吉)

終始冷静なレース運びでペースを維持し、オブスタをパーフェクトにこなした三上

今後のさらなる成長に期待が膨らむ

 

一方の高橋も負傷しながらも握力系オブスタを何とか突破

暑さとスピアでのバーピー後に脚のこむら返りを起こし満身創痍ながらもラスト1㎞を気持ちで乗り切り、4位フィニッシュ

そして新井、前田も一桁台でのフィニッシュで安定感を見せた

 

 

なお

今大会男子エリートの模様は高橋海輝のYouTubeチャンネル「レオニダス」

https://www.youtube.com/channel/UCW2qt9ZxXnulVrpqwdkReqA

女子エリートの模様は陣在ほのかのYouTubeチャンネル「HONOKA JINZAI」

https://www.youtube.com/channel/UCJ8EUD-Hf7UzatA4cE93r8Q

でそれぞれ公開予定である

 

 

Mitsuki Takahashi

Mitsuki Takahashi

第一線を諦めた学生アスリートの希望に!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP